介護のプロフェッショナルと言われる介護福祉士とは?

着々と高齢化社会への歩みを進めていく昨今、介護職が非常に重要な仕事となっています。その中でも特に重要視されているのが介護福祉士ですが、介護福祉士とは一般的なホームヘルパーと何が異なるのでしょうか。

介護福祉士とは介護職の中では唯一の国家資格で1987年に定められました。仕事内容はホームヘルパー同様、食事や入浴、排泄といった身の回りの介護は勿論、利用者やその家族の相談に対応したりアドバイスを行ったりといった専門知識を活かした仕事をすることになります。他のヘルパーの指導を担うこともあり、より専門性が高いのが介護福祉士の特徴です。

介護福祉士の資格を取得するメリットは待遇面の改善が期待できるという点でしょう。資格を取得することによってサービス提供責任者となるなど昇格することができたり、資格取得手当が付いて給与が上がるといったことが考えられます。

資格の取得に関しては現在でも改正が続いており、現在ではどのルートで資格取得を目指しても必ず国家試験を受ける必要があります。また、実務経験を3年以上つんでいても実務者研修が必須となるなど大きな変更点もあるため、事前に受験資格を確認しておくと良いかと思います。

介護のスペシャリストと言われることもある介護福祉士は今後ますます需要が高まることが予想されるでしょう。

介護福祉士は介護のスペシャリストと言われる資格!取得するメリットや注意点は?

介護福祉士は介護のスペシャリストと言われる資格!取得するメリットや注意点は?

介護福祉士は介護のスペシャリストと言われる資格!取得するメリットや注意点は?

着々と高齢化社会への歩みを進めていく昨今、介護職が非常に重要な仕事となっています。その中でも特に重要視されているのが介護福祉士ですが、介護福祉士とは一般的なホームヘルパーと何が異なるのでしょうか。

介護福祉士とは?

介護福祉士とは介護職の中では唯一の国家資格で1987年に定められました。仕事内容はホームヘルパー同様、食事や入浴、排泄といった身の回りの介護は勿論、利用者やその家族の相談に対応したりアドバイスを行ったりといった専門知識を活かした仕事をすることになります。他のヘルパーの指導を担うこともあり、より専門性が高いのが介護福祉士の特徴です。

介護福祉士の資格を取得するメリット

介護福祉士の資格を取得するメリットは待遇面の改善が期待できるという点でしょう。資格を取得することによってサービス提供責任者となるなど昇格することができたり、資格取得手当が付いて給与が上がるといったことが考えられます。

介護福祉士の資格は改正中

資格の取得に関しては現在でも改正が続いており、現在ではどのルートで資格取得を目指しても必ず国家試験を受ける必要があります。また、実務経験を3年以上つんでいても実務者研修が必須となるなど大きな変更点もあるため、事前に受験資格を確認しておくと良いかと思います。

介護のスペシャリストと言われることもある介護福祉士は今後ますます需要が高まることが予想されるでしょう。

介護の資格はハードルが上がっている

ひと昔前の介護系資格の取得については、それほどハードルも高くなく比較的容易に取得できるイメージの方が多いかと思います。

ですが時代の流れとともに、「より専門的に」「幅広い知識」を得る必要性と、あと、医療的処置が必要な方の在宅介護のニーズも増え、それによりナースに限定せず、介護職員の方も柔軟に対応できるように「医療の知識や技術」も求められるようになりました。

そうした背景も踏まえ介護福祉士資格の取得に関しては、受験資格に「実務者研修を修了していること」が必須条件となりました。実務経験が3年以上という条件に加え、この研修を修了していることも必要となったのです。

ですのでこの追加部分は、いずれも「医療ケア」に関する内容が盛り込まれています。例えば、実務者研修の内容、そして実際の国試の試験科目にも、痰の吸引や経管栄養などの基礎知識も加わることになったのです。

補足:実務者研修の内容については、「無資格者」「ホームヘルパー2級」(現在はこの資格は「介護職員初任者研修と名称が変わりました。(筆記試験が新たに課せられました)ベースによって必須科目に違いがあります)

2017年1月実施の試験から「実務経験3年+実務者研修終了」していることが介護福祉士の国家試験受験に必要となったので、希望される方にとってはさらに大変になりましたが、これで介護福祉士も介護だけではなく、医療の基礎知識を持つことで、資格に重みと自信も付帯するのではと思うのです。

あなたにおすすめ
介護派遣会社のおすすめランキングなら介護派遣ナビ

介護士必見!口内を清潔にして口臭を改善する方法

介護士必見!口内を清潔にして口臭を改善する方法

介護士必見!口内を清潔にして口臭を改善する方法

介護が必要な方の場合、自分で思うように歯磨きやうがいが出来ないことも多いと思います。しかし、口内が不衛生になると、歯肉炎や歯の欠損などにより、思うように食べることが出来なくなってしまいます。これは、新たな体調不良を引き起こす原因となります。

口内を衛生的に保つ方法

自分で歯磨きもうがいも行うのが難しい場合は、介護者が食後に、ガーゼを濡らし、指などに巻き付けて口内をふき取ってあげましょう。また、自力でうがいが出来る状態であれば、毎食後に市販の液体歯磨きを利用することで、口内を衛生的に保つことが出来ます。

口臭を改善する方法

口臭が気になる場合は、パイナップルを利用する方法があります。口臭の原因の一つは、舌についている白い苔状のもの(舌苔)にあります。パイナップルにはタンパク質を分解する酵素が含まれていますので、この舌苔を取り除く効果があります。

舌が白い状態で口臭が気になる場合は、パイナップルを細かく切り、竹串や割りばしなどに刺した状態で、舌をマッサージしてあげることで口臭を取り除くことが出来ます。毎回パイナップルを切るのは手間がかかりますから、まとめて竹串や割りばしにパイナップルをさしたものを作って置き、冷凍しておくことをお勧めしています。

認知症介護実践者研修の資格が活かせる職場とは?

認知症介護実践者研修の資格が活かせる職場とは?

認知症介護実践者研修の資格が活かせる職場とは?

あまり耳慣れしない認知症介護実践者研修という資格ですが、これはグループホーム等の認知対応型施設において介護計画の作成を担います。

現在は計画あっての介護と言われるほどに介護保険の枠組みの中で介護をするには、計画書があって介護を実施出来ます。

これはグループホーム等での配置基準があるため、必ず必要となる資格と言えます。

都道府県単位で教育資格をもつ事業所に委託・開催するケースが殆どです。

配置基準としてある資格ですから、現在配置されている事業所の担当者交替や新規開設予定の事業所人員が優先的に受講できます。

毎回の講習で定員が定められているため、事業所からの推薦をもらい定員に応じて抽選となる場合が少なくありません。

何となく取っておこうという資格ではありません。必要に応じて適宜受講できる資格と言えます。

資格のステップアップと役割の変化

認知症介護実践者研修を経て次に「認知症対応型サービス事業管理者研修」という資格があります。

名称の通り、認知症対応型施設における管理者は例え直接介護を行わない場合もこの資格を受講したものと限定されます。

さらに資格を取得すると次のステップアップとして「認知症介護実践リーダー研修」があります。

これは介護計画を策定する実践者研修と違い、「事業所内での認知症に対するケアを円滑に実施出来るために設定されています。

非常に似た名称ではありますが、計画をしてそれを実際の介護に反映するためのものとなっています。新入介護者への教育・指導も含まれます。

認知症介護指導者研修について

認知症対応型の介護を実践している事業所としては最後に「認知症介護指導者研修」という資格があります。

これは前述の実践者研修者を育成する講習の講師を務める事が出来る資格となります。

主催者である都道県からの仕事が依頼されたりもします。こうなってくると公的な扱いとなりますから、自分にとっての有効なスキルアップとして見る事が出来ます。

認知症対応型施設においては、管理者を含めた関わるスタッフの全てに占有資格を求められます。

ケアマネージャーなら主任介護支援専門員を取得すべき

ケアマネージャーなら主任介護支援専門員を取得すべき

ケアマネージャーなら主任介護支援専門員を取得すべき

いわゆる介護支援専門員とはケアマネージャーの事ですが、主任と付くと少し中身が変わってきます。事業所の加算(国からもらう報酬)を増やす方法としてこの主任介護支援専門員を必要とするケースもあります。

主として介護支援専門員として働いている複数の人間を一元的に管理し、介護支援専門員間の横の繋がりをスムーズに連携出来るよう、まとめあげるリーダー的な位置付けとなっています。介護サービスとは要介護者が生活に障害を持つことなく援助する事が目的です。

その要となるのは介護支援専門員であり、情報を多く、時には共有しながらサービスを円滑に回さなくてはなりません。

すると介護支援専門員としての横の連携は必須となります。場合によっては介護支援専門員同士の交代等も出てきます。

それらを統括する役目として「主任」の位置付けがあります。当然、更に深い知識や専門性も求められます。

主任介護支援専門員になるには?

都道府県によって若干の差が出てきますが、一般的には介護支援専門員として実務5年以上となります。概ね10日程度の研修となっており、これは全日参加でなくては取得出来ません。資格というのはやはり見直しを毎年行っていたりします。

当然、その時代に合わせた変更や改定が行われます。故に介護時代と言われるこれからを見据えると、その研修や要件の難易度も上がる傾向にあります。可能であるならば要件を満たした早い時点での取得が好ましいと言えます。

ケアマネは生き残るために主任介護支援専門員を取得すべき

介護保険法の制定前から、介護の資格保有者は増え続けています。介護の仕事を続けていると必ずと言っていいほど、「いずれはケアマネージャー」という道が見えてきます。

これは、介護従事者とって共通の課題でもあり現場で長年勤務は限界が必ず訪れます。その時それまでの経験を活かす道として分岐点でもあります。

また、ケアマネージャーというのは看護師からの道もあります。一定要件が必要ですが、ケアマネージャーの質にも関わってきます。

得手不得手があるという事になります。そういった自分の経験の無い分野の采配もしていく仕事でもあります。

生き残りという事を含め、やはり求められるケアマネージャーになるために主任介護支援専門員の資格取得は良い選択となり得るでしょう。

介護職員初任者研修を持っていないと介護士として働けない?

介護職員初任者研修を持っていないと介護士として働けない?

介護職員初任者研修を持っていないと介護士として働けない?

介護と言う仕事がすっかり当たり前になりました。そこで必要になる「介護職員初任者研修」という資格が出来てきました。ホームヘルパーとは違う、介護福祉士でもないこの資格について考えてみましょう。

介護職員初任者研修とは?

平成25年3月で従来のホームヘルパー2級という資格は無くなり、この介護職員初任者研修に置き換えられました。取得に要する時間は変わりませんが、介護に求められる専門性や質の向上を目的として定められています。

特に訪問介護に従事する場合には必須となり、他の介護サービスについても配置義務はありませんがこの資格を求める事業所は少なくありません。

介護職員初任者研修は持っていて当たり前になった

前述の通り、ホームヘルパー2級に置き換えられた資格となっていますから、介護をする上では持っていて当然という流れになってきました。

筆者がヘルパーを取得した頃はこの介護職員初任者研修よりは比較的高い金額で受講したので、それに比べると取得しやすいとも言えます。

資格の名称上「介護職員」となっていますから、介護に携わる者は皆取得しているという通念上の理由もあります。

現時点では平成29年1月の介護福祉士試験よりこの「介護職員初任者研修を含めた資格保有者は実務試験免除」があるため、こういった面からも取得者が多くなっています。

介護職員初任者研修の資格が活かせる職業や職場とは?

当然高齢者介護の現場が主になってきます。あまり一般的ではありませんが、当然障がい者福祉に関しても介護は必要となってきます。

ですから、高齢者だけに関わらず若年の障がい者等への介護を提供している福祉サービスでも求められる資格となっています。

介護の入り口として取得出来る資格であるため、基礎的な知識や技術の習得となりますから段階に応じた職場の選定も必要かもしれません。

現在介護の職場に応じて専門性の差が出てきている事は明白です。やる気と情熱にもよりますが、通所介護サービス等の「夜間を伴わない」職種への参入を目指して取得する方が多いようです。

介護士として働ける年齢は何才まで?雇ってもらえる?

介護士として働ける年齢は何才まで?雇ってもらえる?

介護士として働ける年齢は何才まで?雇ってもらえる?

介護の現場では以前より慢性的な人材不足です。背景として高齢者は増え続けており需要はあるものの供給が追いついていません。

離職率についても就職して3年以内の離職率は38%と高い水準にあります。離職の理由として会社の方針に合わなかった・人間関係と並んでいますが、賃金が原因で離職したという人は少ない傾向にあります。逆に言いますと、自分にあった社風であったりや人間関係さえ良好であればとても働きやすい環境であるといえるでしょう。(もちろん賃金も大事ですよ!)

介護士としては何才まで働けるの?

よく中途採用者で来られるのは、30代前半の方が多いのですが、中には40代〜50代の方もおられます。

私が以前勤めていた施設では60代の方も勤務されていました。年齢を重ねるごとに体力は確かに落ちてきますが、体力だけではなく精神的な支えになる場合もあります。

女性が多い職場なので男性は覚悟が必要

介護現場では多くの女性が働いているので、年齢に関係なく男性はある程度の覚悟が必要です。

利用者様の中には女性が介護しようとすると、セクハラや暴力的な行動を移そうとする方が少なからずいますが、そこに男性がいるだけでこういった問題行動の抑止力になります。

また、利用者様だけではなく家族様の中にも若い女性職員を誘惑しようとする場合もありますので、それを未然に防ぐ効果もあります。

以前経験したのですが、ある利用者様の自宅に送迎に行った際に若い女性の職員に淫らな写真を見せつけて喜ぶ家族様がいました。男性職員が共に行くと出てそういった行為はありませんでしたが、以降、その家に行く際は男性職員が必ず同行することに決まりました。

また、訪問介護の現場では家に行く度に酒を飲んでいて絡んでくるという事案もありましたが、男性が行くと事前に知らせると飲酒をせず絡んでこなかったというケースもあります。

このように、女性では対応できない仕事が以外と多く、男性が重宝される分、仕事の量が増えるかもしれません。

年齢よりも経験がモノを言う業界

どこの業種でも共通して言えることですが、介護転職で重要なことは経験豊富だと言う事です。

介護業界は若い職員も多く、新卒者で右も左も分からない方も多いでしょう。その際には人生の先輩として相談相手になり心のケアを行うことが出来ます。

また、デイサービスなどでは車を運転をする場合もありますので、周辺地域の事はもちろん、安全・安心に利用者様を送迎をする事が求められるでしょう。

このように、介護職は年齢も関係せずスキルさえあれば何才でも働ける職業だと言えるでしょう。もし、年齢が気になって転職を諦めかけているというのであれば、一度、面接を受けてみるといいかもしれませんね。

胃ろう高齢者の食事について

胃ろう高齢者の食事について

胃ろう高齢者の食事について

食事とは何か

文字通り食べる事ですが、口に運び、咀嚼し、飲み込み、胃袋に入るその過程だけを指すのでしょうか?
少なくとも食事介助においては絶対に違います。
目で色彩や盛り付けを楽しみます。耳で会話や雰囲気を楽しみます。鼻で香りを楽しみます。口で味わい楽しみます。舌で食感を楽しみます。
人間の持つ五感全てで食事をし、お腹を満たす事が食事だと考えます。

胃ろう高齢者の食事

経口摂取が絶対不可能なのではなく、経口摂取に戻る為のリハビリ過程であったり医師の診断でトロミ付の物であればOKという事もありますが、そうじゃない方も多いですね。
そういった方は、五感のうち目と耳と鼻でしか食事を楽しむ事が出来ません。
実情その三感ですら難しいのです。
だからと言ってただ流し込むだけを食事と言って良いのでしょうか?
どの様に工夫をすれば少しでも食事を楽しんでもらえるのでしょうか。

食堂での滴下

食堂での滴下には、賛否両論あると思います。
経口摂取出来る方が居る前での滴下は、ある意味残酷な物です。
ですが目と耳と鼻を満たす事が可能なのです。
個人的に目と鼻はともかくとして、食堂の雰囲気を耳で楽しむ事は良い事だと思います。
居室で滴下し、いつも見ている天井を眺めながら、ポタポタと胃に流れて来る流動食の音を聞き、たまに胃から上がって来るいつもと同じ香りを感じるのはどんな気持ちなのでしょう。
汁物を染み込ませたガーゼを舌にあてる等(医師の許可は勿論必要ですが)の工夫と合わせて実践出来れば、唾液分泌促進の作用もあり誤嚥する危険性のデメリットを上回るメリットが生まれるのではと思います。

居室での滴下

食堂での滴下が困難である場合が殆どだと思います。
では、居室で最大限食事を楽しんでもらう為に何をすれば良いのでしょうか。
それぞれニーズが違いますから、ただ音楽をかけたり話しかけ続ければ良いと言う訳ではありません。
せめて正しい手順と方法での流入を心がけたいです。

栄養食の温度

以前は湯せんで人肌程度に温めてから流入する事が多かったのですが、今は違うようです。
温める事により細菌が増殖するリスクが上がります。
またビタミン群が崩壊し、タンパク質も変異します。
常温で保存したものを使いましょう。

滴下速度

注入が始まったらクレンメで注入速度を調節してください。
一秒間に一滴が標準の目安です。
時々確認し、速くなったり止まったりしていないか注意してください。
適切でないと下痢の原因になったりしますので、食事後の苦痛が何度も続くようでは楽しみのはずの食事の時間が恐怖の時間になってしまいます。
もし相手が物言わぬ相手であっても、その表情から、動きから、何かを汲み取り改善の努力をする事は可能です。

高齢者の食事介助はゆっくり時間をかけて行う

高齢者の食事介助はゆっくり時間をかけて行う

高齢者の食事介助はゆっくり時間をかけて行う

時間に追われるのは介護士として日常茶飯事です。しかし、時間に縛られていては、利用者様のニーズに合った介護が出来ないことは、理解できると思います。では、時間を気にしながらも業務を円滑にしていくにはどうしたらよいのか?と疑問に思いますね。私たちにとっては、施設は職場ですが、利用者様にとっては住居なのです。そのことを念頭において、介護・介助を行うように心がけましょう。

食事は個人のペースが基本

食事は一人で食べられる人、一部介助が必要な人、全部の介助が必要な人とに分かれます。大抵は職員の人数からすると2人を1人で見る形になることが多いです。一部介助の人と全介助の人を見ることが適していると思います。食事は、施設で暮らす高齢者の方にとって、唯一楽しみにしていることでもあり、また、ゆっくりと食べていただくことで、事故の防止にもなります。

食事介助も1対1で行うと時間が空く時がありますので、非効率的です。なので、2人を同時に見ると丁度良くなります。食事の際には、きちんと口に入れたものを飲み込むところまで確認しながら介助を行いましょう。また、急がせるような気持ちを持つと相手にも感じ取られてしまうので、職員がまず、ゆったりとした気分で介助に望むのが理想です。

食事は楽しく、声をかけながら

せっかく、食事をしているのですから無言で事務的に介助するのは、やめてください。話しかけながら、しかし相手の返事は食事に支障が無い程度の会話にとどめることが必要です。「うん、いいえ」くらいで返事を返すことができれば、食事時間にも、嚥下(飲み込み)にも支障はないはずです。

一人で食べられるものは、それなりの工夫を

食事の介助用スプーンやフォークなどを個人に合わせて、自分で食事が出来る工夫をしましょう。人に食べさせてもらうより、自分で食べたほうがより美味しいと感じることでしょう。また、お皿を食べやすいように引き寄せてるだけでも、食事が自分の力で摂れることも多くあります。そうして、見守りながら介助をしていくのも仕事の一つです。

一人で出来るということは、自分に自信が持てるという意味でも、人に迷惑をかけているという負い目もなくすことです。これは、生活全般に言えることですが、負い目を感じて過ごすのと、自分で出来ることがあって過ごすのとでは、気分的にかなりモチベーションも上がり、楽しくできることを思い出します。

まとめ

「たかが食事、されど食事」なのです。食事に限らず、工夫次第で自分自身でできることを、たくさん見つけましょう。内向的な人は社交的になり、積極的になったりします。生活に目標ができます。これは、生きていく上でとても大切なことです。それを手助けするのが介護士の務めです。

高齢者の心をつかむ介護士が求められる時代

高齢者の心をつかむ介護士が求められる時代

高齢者の心をつかむ介護士が求められる時代

高齢者の心をつかむというよりは、安心して任せてもらえる介護士を目指すことが一番重要で、それは信頼関係を築くことだと思います。高齢者の方は施設内での集団生活の中で、人には言えないような不安や悩みを抱えているかもしれません。それを感じ取り、解決に導くのも介護士の仕事だと思います。そこで、高齢者の方の信頼を得るために必要なことをご説明していきます。

集団生活への理解

自分が入院などの経験があるとわかりますが、集団生活というのは若い頃とは違って、半分楽しみもあるかもしれませんが、我慢することが多いことも確かです。例えば、好きな時に入浴できない、食事も決まったものしか食べることができない、レクリエーションに参加しなければならない、仲良しになる人を見つけるのに時間がかかる、など、本来の一人暮らしや自宅で好きなように生活するのとは異なります。まず、そのことから理解すべきです。

コミュニケーション

理解を更に深めるには、高齢者の方とのコミュニケーションは欠かせません。私たちよりも長く生きてこられた方ですし、色んな経験をされています。そのため、我慢強さも持ち合わせていて、「我慢」することに慣れてしまっている一面があります。

しかし、1ユニット10名とはいえ、性格的に合わない人も中にはいることでしょう。また、一人きりの時間を大切にしたいと思う人もいると思います。他の人の前では言いにくいことも、時間を経て信頼感が築ければ、不安や悩みを打ち明けてくれるかもしれません。それには、コミュニケーションを多くし、高齢者の方を敬う気持ちがなければいけません。

相手の気持ちを汲み取る

人を相手にする仕事ですから、業務に追われて独りよがりになってはいけません。何かするときも、個人的なことであればその方に対して、意見を求めることが必要になります。また、集団で何かをする時は、皆さんの意見を取り入れることを忘れないようにしたいものです。

説明もなく何かされたら、普通の人でさえ不安になります。不安感や恐怖感はいつまでも残ってしまいます。そのような事がないように、相手の気持ちを汲み取りながら、業務をこなしていくことが必要です。

まとめ

各個人には人生経験があり、考え方も異なっていて当たり前です。それを無視することは、介護士としては失格です。高齢者の方と話をして納得してもらった上で、初めて何かしらの行動を起こすことができます。そして、それを繰り返すことにより、信頼も得ることが出来るのです。

介護のスキルアップなら派遣が最適

一つの施設に長いこと働いていてはスキルアップは難しいです。なぜならその施設を利用する高齢者のタイプは限られているから。つまり、介護のスキルをアップさせるにはいろいろな施設で働いてみることが重要です。

ですが正社員で転職を繰り返すのはかえってマイナスイメージ。かといって、パートだと一回一回の履歴書や面接が面倒です。

そこでオススメな働き方が派遣です。介護派遣なら登録時の面談だけで、あとは担当者に派遣先を紹介してもらうだけです。時給1400円以上の仕事もたくさんあるので給料の心配もありません。

ぜひこの機会に、介護派遣に登録してみてはいかがでしょうか?